初心者でも資産運用は出来る~投資で調子良い~

条件を知る

クレイアートの家とカップル

土地活用というと、投資の専門家か、第二の人生に向けての準備というイメージがありますが、サラリーマンなど一般的な社会人とも無関係ではありません。 現役世代で、遊休土地を取得する機会というのはあまりないかもしれませんが、その機会があるとしたら、有効に活用するべきです。 その一つが、賃貸経営の大家になって、賃貸収入を期待するというものです。 もちろん、サラリーマンとして働いている以上、大家の仕事に避ける時間も手間もあまりないので、代行業者に委託するのが効率的です。 この場合、家賃収入の一部を手数料として支払うことになりますが、委託することで、代行の便の外にも、家賃収入保証があるなどのメリットも少なくはありません。

サラリーマンでも、賃貸住宅の大家になるには、特定の賃貸物件を所有している必要があります。しかし、最近では大家としての地位を単独で提供していることもあります。 つまり、特定の賃貸物件を所有していなくても、出資により賃貸収入を期待できる地位を取得できるのです。これならサラリーマンでも、賃貸経営への参入がしやすくなります。 本来ならば、遊休土地の活用として賃貸経営を考えるところですが、これなら、一般的な投資行動のように、その一つの選択肢として、賃貸経営への投資を選ぶことが出来ます。この場合には、特定の不動産物件を所有していることは前提とはならないので、出資条件について確認することで、手軽に賃貸経営を始めることができるのです。